ヒップも大事

「理想体型」にするためには、「お尻」はとても大事な部分です。ヒップは加齢と共に垂れて来てしまいます。

すると今まで長く見えた脚も、気が付くと「短くなった?」と思うほどヒップが下がってきていることもあるのです。理想のヒップは「丸みを帯びている」「程よい高さで曲線になっている」「ヒップと太ももの境目がある」ことが、キレイなヒップの条件なのです。

基本的に日本人女性のヒップは、丸みが少なくのっぺりとしたヒップなのです。ある程度の若い年齢の時には気が付きませんが、20代半ばにもなれば、その形は特に目立ってきます。

そんな日本人のヒップの形をカバーするためには、まずはヒップアップをすることが一番のカバー方法です。

皆さんもご存知だとは思いますが、簡単なヒップアップ方法をご紹介します。まず立ってウエスト部分に来る椅子やテーブルの前に立ちます。その椅子やテーブルに手を添え、片足を後ろに上げて10秒ほどキープします。

この時にヒップに意識を集中させて下さい。これを両足5回~10回程度やりましょう。これがヒップアップのエクササイズです。エクササイズをするときには、気になる部分に意識を持つことが大切なことです。

何も考えずにやるのではなく、その部分に意識を持ちながらエクササイズしてくださいね。「理想体型」になれるように頑張ってみて下さい。