ヒップも大事

「理想体型」にするためには、「お尻」はとても大事な部分です。ヒップは加齢と共に垂れて来てしまいます。

すると今まで長く見えた脚も、気が付くと「短くなった?」と思うほどヒップが下がってきていることもあるのです。理想のヒップは「丸みを帯びている」「程よい高さで曲線になっている」「ヒップと太ももの境目がある」ことが、キレイなヒップの条件なのです。

基本的に日本人女性のヒップは、丸みが少なくのっぺりとしたヒップなのです。ある程度の若い年齢の時には気が付きませんが、20代半ばにもなれば、その形は特に目立ってきます。

>脚やせ方法

そんな日本人のヒップの形をカバーするためには、まずはヒップアップをすることが一番のカバー方法です。

皆さんもご存知だとは思いますが、簡単なヒップアップ方法をご紹介します。まず立ってウエスト部分に来る椅子やテーブルの前に立ちます。その椅子やテーブルに手を添え、片足を後ろに上げて10秒ほどキープします。

この時にヒップに意識を集中させて下さい。これを両足5回~10回程度やりましょう。これがヒップアップのエクササイズです。エクササイズをするときには、気になる部分に意識を持つことが大切なことです。

何も考えずにやるのではなく、その部分に意識を持ちながらエクササイズしてくださいね。「理想体型」になれるように頑張ってみて下さい。

ダイエットでの注意点

「理想体型」にするために、「まずはダイエットをしなくては」と言う方もいるはずです。痩せすぎの女性は持てないと言っても、太りすぎもまた問題です。太りすぎの方の場合、まずは標準体重に戻す必要がありますよね。ここで一つ注意点があります。女性がダイエットをした場合、最初に身体に出るのが「胸板」です。胸の上から肉が落ちてきてしまい、胸が小さくなってしまうことが多いのです。よく「ダイエットをしたら胸が小さくなった」と言うのを聞くと思いますが、これは胸筋が落ちてしまうために、バストサイズが小さくなってしまうのです。せっかく痩せても胸が小さくなってしまえば、これはこれでかなりショックです。多少のサイズダウンは仕方ありませんが、サイズダウンは最小限にするためにも、胸筋のエクササイズをするようにしましょう。ダイエットと並行し、胸の筋力を付けるエクササイズをしましょう。一番簡単な方法は、両腕を90度に曲げ左右に開き、バストの高さに合わせます。この時の状態は、手の平は上に上がっている状態です。そして息を履きながら両腕を顔の前で合わせて行きます。ここでの注意点は、両腕を合わせるまでバストを意識しながら行うことです。これを1日15回程度やりましょう。これだけで胸筋を付けることができます。バストが横に流れてきた方にも、お勧めのエクササイズですので、バストが気になる方は是非やってみて下さいね。痩せる方法はこちらを参考にしてください。

筋トレ

「理想体型」になるためには、少なからず運動をすることです。特に「筋トレ」はお勧めです。「理想体型」には「程よい筋肉」が必要になります。この「ほどよい筋肉」とは難しい表現ですが、アスリートのような筋肉ではなく、ちょっとだけ着いた筋肉のことを言います。例えば「二の腕」ですが、この部分は「脂肪」が付きやすく、加齢と共に筋力は低下をしてしまい、中高年になると「振りそで」と言われるようなたるんだ状態になってしまいます。これでは「理想体型」には程遠くなってしまいますよね。そんなことが無いように、500mlのペットボトルなどをダンベル代わりに持って、1日20回程度上げ下げしてみて下さい。これだけで「ほどよい筋肉」を付けることができます。そして次に大事な部分が「ふくらはぎ」です。「ふくらはぎ」も加齢と共にどんどん筋力が低下をしてしまい、気が付いたらぶよぶよになってしまいます。階段を上る時にはつま先で上がったり、台所仕事をするときに、つま先立ちをしたりしましょう。これだけでもかなり筋力アップになり、見た目がとてもキレイな脚になります。ただ気を付けていただきたいのは、筋肉を付け過ぎないことです。男性から見たら、あまりに筋力が付いてしまった女性の身体は、全く魅力がなくなってしまうからです。ある程度の柔らかい部分も、女性にはとても大切なのです。程よい筋肉を付けて、「理想体型」作りをしてくださいね。

持って生まれた体型

私たち人間は、全員が同じ身長ではありません。背の高い人もいれば、背の低い人もいます。これは持って生まれた体型ですから、今更変更することができませんよね。よく背の高い人が「背の低い人は可愛らしくて良い」と言います。また逆に背の低い人は「背が高くて、スラッとしていてうらやましい」と思います。これは「無い物ねだり」とも言えます。人間は自分には無い物を持っている人を、必ず羨ましく思うものなのです。しかし実際に「理想体型」を考えれば、背の低い人よりも、背の高い人のほうがいいとも言えます。背がある程度高くて普通の体型をしていて、手足が長ければ、全体的にスラッとして見えるのは事実です。これは背の低い人には真似が出来ないことでもあります。しかし「背の低い人が理想体型ではない」とも言えません。それぞれ個々の体型を上手にカバーした体型であれば、他の人から見ても「スタイルが良い」と思われるのです。150cm前半の身長しか無くても、全体のバランスが良ければスタイルが良く見えるんですよ。例えば「倖田來未さん」
「安室奈美恵さん」「ベッキー」なども、153~156cm程度と背が低いのですが、かなりバランスが良い体型をしています。このように持って生まれた身体を変えることは出来無くても、彼女たちのように「スタイルが良い」と言われるようになるのです。背の低い人も、頑張って理想体型になってくださいね。脚やせ方法を紹介中

努力

なんでもそうだと思うのですが、目標を達成するためには「努力」が必要です。よく「あの人は頭が良い」「あの人はスタイルが良い」と羨ましそうに言う人がいます。しかし「頭が良くなる」「スタイルが良い」ために、その人たちは努力をしているのです。また羨ましく思う人に限って、努力をしていない人が多いのです。何もしないで「頭がと良くなる」「スタイルが良くなる」と言う人はいません。また「あの人は天才」ということも良く耳にしますが、「努力無くして天才にはなれない」ということを覚えておきましょう。どんなに「天才」だと言われる人も、必ず努力をしています。そしてどんなに「努力」をしていても、その目標に達しない人もいますよね。しかし「努力」をしても、目標に達しない人に限って、「私には無理」だという弱音を吐き、途中であきらめる人が多いのも事実です。それは自分に甘いからだともいえるのではないでしょうか。よくダイエットをしていて途中であきらめてしまう人の多くは、途中までは一生懸命に努力をするのですが、自分に甘いために「明日また頑張れば良いんだから、今日はこれを食べてしまおう」と、つい甘い誘惑に負けてしまい、食べてはいけない物をたべてしまったり、運動をしなくてはいけないのに運動を休んでしまったりします。これではダイエットが成功するはずはありません。理想体型になりたいならば、「努力」は絶対にしなければいけない物なのです。

男性の理想体型2

では「男性から見た理想体型」とは、数字的にはどんな数字なのでしょうか。まず体重から言えばBMIが「痩せ~標準」の数値だそうです。そしてバスト・ウエスト・ヒップに関しては、「○○センチ」「○カップ」という数字ではなく、3サイズのバランスのようですよ。大手下着メーカーで調べたアンケートでは、「ウエスト:ヒップ」の比率が、「0.7」という比率が理想なのだそうです。この比率の算出方法は「ウエスト÷ヒップ」です。例えばウエスト63cm・ヒップ88cmでしたら、「63÷88=0.71」ですから、理想の体型だと言えます。そしてもう一つの数値は「バスト:ウエスト」です。こちらは「バスト÷ウエスト」を計算し、その数値が「1.35~1.6」が理想の体型なのだそうです。例えば、バスト88cm・ウエスト63cmでしたら「88÷63=1.39」ですから、理想の体型といます。そしてバストのサイズで言うと、「トップバスト-アンダーバスト」のサイズが、10~15cm以内が理想のバストでもあるそうです。カップにすると「Bカップ~Dカップ程度」となります。なかなか厳しいものがありますが、みなさんの数値&サイズはいかがでしたか。全て理想サイズに入っていた方は、ダイエットの必要もない最高の体型をしているのです。そんな理想体型を目指して、身体作りをしてみて下さいね。

男性の理想体型1

やはり気になるのは「男性から見た理想の体型」ですよね。男性はどのような体型が好きなのでしょうか。そこで私は、自分の周りにいる男友達に聞いてみました。するとかなり予想外の答えが返ってきたのです。それは10人中6人の人が、「痩せている子は好みではない」というではないですか。これにはちょっとビックリしました。「痩せている子よりも、少しふっくらとしている子が良い」というのです。「痩せてもなく太ってもない標準の子」ではなく、「少しふっくらとしている子」ですよ。女性にとってはかなり衝撃的な答えだと思います。そしてあるアンケートの答えを見てみたら「痩せている子ではなく、適度なメリハリのある体型の女性に魅力を感じる」のだそうです。これは先に掲載した「理想体型の芸能人」の、「藤原紀香さん」や「米倉涼子さん」のような体型ということですよね。ですから「痩せている子よりも、少しぽっちゃりしている子」が多いのだと思います。確かに体重はそんなの無くても、胸やヒップがある程度あればポッチャリしているように見えますし、そんな体型だと「藤原紀香さん」や「米倉涼子さん」」のような体型にもなります。ですから胸が多少あって、ウエストは引き締まっていて、ヒップもある程度あれば、男性からは「魅力がある体型」だと思えるのだそうです。男性から見た「理想体型」になるには、なかなか難しいかもしれませんね。

理想体型の芸能人

芸能人を見ていて「この人キレイだな」「この人カッコ良いな」と思う女優さんやタレントさんていますよね。

これは男女問わずに聞いたアンケート結果なのですが、「理想体型の芸能人」で、1位になったのは「藤原紀香さん」でした。そして2位が「米倉涼子さん」です。二人ともメリハリのある体型をしていて、また脚がキレイなことでも有名ですよね。

>簡単なバストアップ方法

そして4位には「杉本彩さん」が入っています。40歳を超えているにも関わらず、あの体型を維持するには、かなりの努力があるはずです。ここで気が付いた方もいるかもしれませんが、「理想体型」と言われると、出るところは出ている身体をしている方が、男女問わずに人気のある「体型」なのです。

痩せている人だったら、元モデルの「富永愛さん」なんかの名前も出そうなのですが、やはり痩せているだけでは、決して「理想体型」では無いと言うことなのです。

「藤原紀香さん」はこのことに関して、「美しい体型は、努力なしでは手に入れられない」と、きっぱりと言っています。「米倉涼子さん」もそうですが、何もしないであの体型を維持しているわけではありません。

「米倉涼子さん」は最近ではミュージカルなどもやっていますから、常にダンスレッスンをしたり、身体を鍛えたりしていますよね。誰もが「キレイな身体」と思うような体型にするには、それなりの努力も必要だと言うことなのでしょう。